スタイリストに聞く!オーディションに着ていく服装について

オーディション虎の巻

等身大の服装(いつもの自分)こそ個性イメージ

「等身大の服装(いつもの自分)こそ個性」

オーディションに行くとき、どんな服装を着て行けばいいのか、すごく気になるところですよね。ぶっつけ本番で審査員と対峙するオーディションでは、目の前の審査員に印象を残すために、ときどき自分自身の個性を、「服装」によって過剰にアピールしている方がいます。でもそれって、「あなたらしさ」でしょうか?

審査員は「等身大のあなた」と会いたく、過剰に装飾して行く必要はまったくないのです。

お気に入りの服でオーディションに行こう!イメージ

「お気に入りの服でオーディションに行こう!」

当日着て行く服装ですが、自分自身(または保護者さま)が気に入っている服装で挑むのが、きっとオーディション会場で一番気持ちが落ち着くはずです。
ぜひ!「お気に入りの服」を着てオーディション会場に行きましょう!

周りの人にも意見を聞いてみてイメージ

「周りの人にも意見を聞いてみて」

着ていく服装に迷ったときは、自分が好きな服装、着て行きたいと思っている服装を、友達や家族に見せて、どんな印象を受けるか聞いてみるのも良いでしょう。
第三者の目線で、正直に意見を言ってもらい、そこでの印象が好感の持てるものであれば、きっと「あなたらしいオーディション・コーディネート」ができているはずです。

ページトップ