新入社員日記2018⑨

今のところ「暑い。」という事以外に夏を感じていないNです。

 

というわけで、友人たちと琵琶湖一周の旅(in電車)へ行ってまいりました!!

 

 

琵琶湖。それは近畿地方北部、滋賀県の面積のおよそ4分の1を占める面積を誇る日本で1番大きな湖です。
今回はそんな琵琶湖を一周する電車内でのひと時をお送りいたします。

 

 

まずはラッシュの御堂筋線で梅田(大阪駅)へ。

 

無事到着。これに皆さん押し込まれて出勤されています。(お疲れ様です!!!)

 

 

ここからいよいよ琵琶湖へ!(経路は京都→湖西線→北陸線→東海道線→大阪)の順で琵琶湖一周できます)大阪駅から新快速に乗り30分弱で京都に到着。湖西線に乗り換えます。

 

湖西線に入ると早速眼下に琵琶湖が望めます。

 

 

左手に比叡山、右手に琵琶湖を望みながら京都から40分程で近江舞子駅に到着。

 

 

 

近江舞子駅周辺は水泳場(海水浴場の淡水版)があり、泳げます。

 

淡水なので熱帯魚やヤドカリなどはおらず、皆さんブラックバスやフナ・鯉などと一緒に気持ちよさそうに泳いでいました。(笑)
再び電車で北上。近江今津駅へ!!

 

 

 

 

 

のどかな風景が広がります。

 

 

そのまま、湖西線の終点である近江塩津駅まで乗り通しました。

 

近江塩津駅は滋賀県の最北端の駅で、同時に琵琶湖の最北端でもあります。
(写真は撮り忘れました・・・)

 

ここから北陸本線で米原へ!
米原からは東海道線の新快速に。
この東海道線は琵琶湖の東側を走っているのですが、内陸部を走っている為、琵琶湖は見えません。(なので、ここはイメージ乗車となります)

 

 

総乗車時間約6時間半。意外と短かかった琵琶湖一周の旅でした。(笑)

次は大阪から西へ行こうかとたくらみ中です。

イメージ イメージ