大阪コスモス行事

全国サポートチームのKです。
一気に涼しくなった今日この頃ですが、みなさん体調は崩されていないですか?

 

あれだけ暑いのが厳しい、つらいとぶつぶつ言っていた自分ですが、

突然涼しくなったらなったで、「夏が終わってしまう・・・寂しい・・・」とセンチメンタルな気分になったりしています。
この夏の暑さと同じくらい、各校ではたくさんのアツいイベントが行われていましたよ。

 

そんなアツいイベント報告を今日はしてみますね。

 

 

まずはひとつめ、大阪にて「コスモス行事」が開催されました。

 

※「コスモス行事」とは、
年長さんから中学生までのタレントがその場で渡された台本を短時間で覚え、一人ずつ発表をしていくというイベント。
参加するタレントも、審査員として参加する職員にとってもなかなかどきどきのイベントなのです。

 

実は昨年も参加させていただいたこのイベント、大阪校の魅力あふれるタレントたちとたくさん触れ合うことの出来るイベントなもんで、
「今年も素敵なパフォーマンスが見られるのでは?」と楽しみに参加させていただきました。

 

いやぁ、今年も参加させていただいて感謝の気持ちでいっぱいのイベントになりました。
何が素敵かって、大阪校のタレントたちが「全力でこのイベントに臨んでいること」。
全力でやりきろうとするこどもたちの瞳がこんなにきらきらしているんだ!ってくらいきれいです。
日々の業務にイライラしてドス黒くなってしまったKの瞳にはまぶしすぎました。

 

全力で参加してくれるから、こちらからのアドバイスにもこどもたちはとても敏感。
審査員の先生からのコメントや感想で一気にお芝居がかわる人も沢山いました。

 

その一人がれいかちゃん。
はじめは緊張から、なかなかこのイベントに参加も出来なかったのです。

 

大阪校の職員から「まずは見るだけでいいからね。」と声をかけ入室したれいかちゃん

周りの子達の楽しんで表現している姿を楽しんでみているように感じました。

 

そして終わった後に「よくみていたね」の声かけがきっかけになったようで、
イベント終了後に「もう一回やらせてほしい。できそう。」と自分からお願いをしにきて、見事素敵なお芝居をすることが出来ました!!

 

その職員にとっては、何気ない一言だったのかもしれないし、
この言葉がれいかちゃんにとってそう思った全てのきっかけではないかもしれないけれど、
何より職員は普段緊張してしまうれいかちゃんが、心から楽しそうに自分を表現をしているのを見て、
職員一同、みんなにはばれないようにこっそり大号泣していましたよ。(きっとバレていなかったはず!)

 

今回のイベントがきっかけで更に楽しんでお芝居できる人になってくれたらいいなぁ。
そして僕たちはれいかちゃんがきっかけで、またこういったイベントを作らなきゃなと強く思ったよ。ありがとう。
大阪校のみんなのいいところは、早速職員の皆で情報共有させていただきました!
みんなのいいところ、これからの芸能活動に活かせるようにするからね!!

 

 

今回のことば
~~~~~~~~~~~~
「わが子が楽しそうにしているのを見るだけで、ほんとに幸せだなって思うんですよね」
これは自分が行っている理容室のお兄さんの言葉。

 

現在3歳の娘さんは、お風呂に設置できるひらがなのおもちゃがきっかけで、
散歩するたびに「あれはわたしの名前の○!」などとお話しているそうです。

それを「そうかそうか」と聞いているうちに、どんどんひらがなを覚えていくそうで、
わが子が楽しそうにしているのが幸せ!こどもたちの成長って凄い。と、とてもうれしそうにお話していました。

 

これはこの活動にも本当に通じる所があるなと感じていて、

楽しく活動するこどもたちがいて、それを温かくサポートする存在が必要ということを改めて実感しました。
テアトルアカデミーでも楽しく活動している人が沢山いるので、今日はそんな写真を一枚。

 

 

 

みんな素敵ないい笑顔!

そんなお手伝いが出来るように自分も日々、言葉にも心にも敏感な人にならなくてはなと思う、今日この頃です。
素敵なきっかけになるイベントこれからも企画していきますからね。

 

 

イメージ イメージ