宣材写真撮影~見えないところのヒミツ編~

11月に入り、日が暮れるのが早くなってきました。
仕事が終わって会社を出た時、外が明るいほうが好きな写真係Mです。

 

さて、今期の宣材写真撮影も東京での撮影を皮切りに、各地域でスタートします。

 

撮影時の衣装に頭を悩ませているタレントの方もいらっしゃるかと思いますが、
今回はちょっとしたポイントをお伝えしたいと思います。

 

テアトルアカデミーの宣材写真撮影は背景が白いセットで撮りますので、
白い服や色の薄い服はお勧めしていません。
そして、メーカーのロゴやキャラクターが入ったものも、
競合するメーカーの書類選考などで不利になってしまう可能性があるため
お勧めしておらず…。

 

そんな条件のなか、手持ちの服を探してようやく「これだ!」と思った服は
何だか身体にフィットしない…。

 

そんな時に味方となるのが、これらのモノです。

 

 

…じゃじゃん!

 

 

はい、ご覧の通り、クリップや安全ピンです。

 

 

トップスのウエスト周りがダボついている…
ウエスト辺りを後ろ側でつまみましょう。必要なら背中あたりでもう一箇所。

 

 

着丈が長いかも…?
内側に折り込んで、落ちてこないように後ろで留めておきましょう。

 

 

ボトムスのウエストがゆるくて落ちてくる………
これもクリップで留めてしまえ~!

 

だって、宣材写真撮影では後ろは見えませんから。

 

着丈の調整ひとつで、スタイルの見え方もかなり変わってきますよ。
ほんの少しの調整で、見た目がグッと良くなります。

 

撮影当日にスタッフから提案することもありますが、ぜひ事前にチェックして
より良い宣材写真を目指して下さいね♪

イメージ イメージ