『あの人の名は…』

どーも、ヒマジンです。
ヒマジン、暇人なんで先日知人が出演する芸術発表会のようなものを観にY区民観まで行って来ました。

 

ヒマジンのくせに開演時間ぎりぎりに行ったものだから1階席は空いてなかったので、
2階席で高見の見物。

 

 

そして、1幕も終わり2幕に向けての休憩中のお話。

 

「Sさーんっ!」

 

と、突然叫びだしたおば…、おねーさんA。

 

 

B「聞こえてないんじゃないの?」
A「えー!Sさーん、ここ、ここ!」

 

なにやら1階でキョロキョロしているSさんと思われるおば…、おねーさん。

 

A「Sさん、2階、2階。2階見てーっ!」

 

2階を見るSさんと思われるおば…、おねーさん(しつこい)。
すると2階のおねーさんA、Bに気づく!

 

 

あの人の名はSさん。
どの出演者よりもみんなに、「ああ、あの人Sっていう名前なのね」と名前を覚えられし方…。

イメージ イメージ