クリエイティブパーソンとは?

 

いきなりの宣伝ですみません。新人発掘課のAです。

 

テアトルアカデミーで講師を務めております畠山真弥(はたけやましんや)先生の出演舞台が12月22日から24日のクリスマスイブまで行われます。(左下の顔写真の方です)

 

クリスマスイブが千秋楽。どこに行こうかまだまだ熟考中の全国の男性の方々、いかがでしょう?

きっとあなたの心を打つ、すばらしい舞台になるでしょう。
皆さん、お待ちしていますね!

 

舞台役者さんもすばらしい表現者ではありますが、芸術やスポーツなど、色々な種類のカテゴリーがありジャンルがあり、肩書きがあります。舞台役者、ミュージシャン、モデル、画家、スケートボーダー、などなど。
その中には、大きく分けて2種類の考え方の人がいます。
例えば役者の場合、自分は役者だと思っている人、もしくは自分は役者ではないと思っている人

 

???ん

 

どういうことでしょう?

 

役者をやっていれば自分のことは役者だと思っていて当たり前ですが、役者じゃないと思ってる人って?
それは、クリエイティブな人間だと思ってる人。表現を創造することが好きで、創造をする捌け口として役者という選択をしている、つまり役者ではなく、クリエイティブパーソンだと思っている人です。実はこれはかなり重要なことで、こだわりも必要ですが、色々な世界に目を向けることや刺激を受けることは、その人自身の幅が確実に拡がりますし、他の人が思いつかない、既存に囚われない表現方法を創造することができます。

 

これから芸能の道に進みたいと思っている方には、ぜひ意識してほしいですね。

イメージ イメージ