何にお金を払うのか

今年もこの季節がやってきた

 

一年の最後に訪れる、待ちに待ったこの季節

 

そう、福袋の季節

 

福袋を構成するものは何か

 

それは購入者の期待とその期待が向けられる物質だ

 

つまり中身がわからないという要件を満たさずには福袋とは呼べない

 

中身が判った時点でワクワク感は消えてしまうからだ

 

福袋の中には在庫処分と呼ばれるものの詰まったモノもあると聞く

 

しかし、これらも中身を確認するまでの間は福袋と呼べるのだろう

 

期待を保っている間は袋の中身に関わらず福袋と呼ぶことが出来るのだ

 

では仮にあなたが突然知人から中身の判らぬ真っ黒いゴミ袋を渡されても

 

それも福袋と呼べるのではないか

 

中身がゴミであったとしてもゴミと確認するまでは福袋なのではないか

 

大晦日の夜に徹夜で並んで買った福袋の中身が期待にそぐわないゴミであったとしても

 

その福袋を獲得するまでに費やした時間や思い出が福袋の価値を高めているのだ

 

さて、人々は一体何に対して金銭を支払うのか・・・

 

夢や希望が溢れる年末に向けて、体調など崩されないようお過ごしください。

 

東京校スタッフO

イメージ イメージ