東京校 初等科レッスン

テアトルアカデミー東京校 アカデミークラス(ユース部門)担当スタッフ 川末です。

 

7年ぶりに東京に戻り、半年が経ちました。
以前から知っている方を含めた多くの方々と出会いました。

 

先日、新しい選抜レッスン「舞台作品創り」についてご紹介しました。

https://www.theatre.co.jp/blog/2537

 

レッスン開設から1ヶ月が経ちました。

 

若い頃に、「稽古して上手くなるのは当たり前。」と言われました。
特に映像の現場ではリハーサルの無いことが多く、ドライやテストは役者の練習のためにあるものではありません。
現場への対応力育成のために、少ない時間で作品をつくることを昔から役者に課しています。
(お客様に楽しんでいただくことがもちろん最優先です。)

 

ほぼ毎週、見学の方が来てくださっています。
短い時間でも構いませんので水曜レッスン日の夜にお越しください。

 

そして初等科芸能講座というレッスンも担当しています。
入学して半年以内の方と、中学生以前から在籍されている高校1年生の一部の方が受講するレッスンです。
「講座」という名前ですが座学だけではなく、実技を通しての講座も設けています。

 

「自身のおもしろいエピソードを、当時の感覚や感情・思考を再現しながら伝える」という課題です。

 

 

 

 

また、実際のオーディションを想定したレッスンも行なっています。
マネージャーや職員が初等科芸能講座を見に来てくれました。
新しい人たちの中からも、実力のある人を探しています。

 

一人でも多くのテアトルアカデミーの人たちが現場で活躍することを、切に切に願っています。

イメージ イメージ