まちがいやすい・まちがえない

全国支援チームのKです。
もう一度記載します。全国支援チームのKです。

 

最近といいますか、かれこれもう10年くらい昔からの【あるある】なのですが、

「AG通信@担当記者K」と「全国支援チームのK」の苗字が一緒なもので・・・

(しかもなんと同い年・苗字の漢字も一緒)

 

よく間違えられます。

 

 

以前、職員紹介の写真が館内に掲示されていた際、

AG通信@担当記者Kの写真を見た大人のタレントの方に、

「全国支援のKさん、全然写真と違いますよね。写真撮りなおしたほうがいいですよ」といわれたこともあります。。。

そうです。本人じゃないので、そりゃー全然違うはずです。。。

 

この問題をどうにかするべく(実はそこまで2人とも困っていないのですが…)

AG通信@担当記者Kさんとも相談し、この機会に皆様是非とも覚えてもらうべく、違いを記載してみました。

 

 

お顔の形の卵顔度が強く、パイナップルみたいなシルエットなのが全国支援チームのK
お顔がしゅっと彫りの深いお顔立ちをしているのがAG通信@担当記者Kです。

 

 

声が低く、低音ボイスがよく響くのがAG通信@担当記者K
声が高く、その声のインパクトが耳にべたっと残るのが全国支援チームのKです。

 

 

恐らくPCや編集機材・カメラなどステキな機材の単語が聞こえると、きらきら輝きだすであろう方がAG通信@担当記者K(勝手な想像)
恐らく北海道の名産は…、福岡のおいしいものといえばみたいな話が聞こえると体がむずむず動き出すのが全国支援チームのKです。

 

 

この文章じゃ、どちらかなんてわからないじゃないか!と思われた方は、

是非東京校の受付にて「全国支援のK」または「AG通信@担当記者K」を大きな声でお呼びくださいませ。

 

 

 

…さて、今度は間違いなくおすすめな情報をひとつ。

 

テアトルアカデミーがキャスティング協力を行っている『パニパニパイナ!』の番組についてお知らせします。

 

この番組の人気コーナーのひとつに、妖精のこどもたちとメアと王子が一緒に歌って踊る「森のコンサート」というコーナーがあります。
「森のコンサート」のコーナーになると、「不思議と2歳3歳の子達が自然と踊りだす」なんて話もあちこちから聞いています。嬉しいお話です。

 

「森のコンサート」は女の子6名でチームを組む「フェアリーズ」

 

 

 

男の子4名でチームを組む「リテイナーズ」というチームで構成されています。

 

 

 

 

フェアリーズもリテイナーズもテアトルアカデミーの全国に所属しているタレントの中からオーディションで選ばれた精鋭たちです。

 

 

この半年間、本人たちは自主的に練習を行い、時には悔しい思いも悲しい思いもしながらどんどん成長していってくれました。
Kはいつもの通り、それを見てこっそり(きっとばれている)号泣したりしていました。

 

努力した分だけ必ず結果が残る世界ではないけれど、努力した分だけ自信につながったり、達成感を感じることが出来たり、新しい表現の発見だったりと、必ず皆の心の宝物になっていきます。

 

今回はきっとこれまで以上にフェアリーズのみんなもリテイナーズのみんなも宝物をいっぱいもらったのではないかなと思います。
みんなが練習すればするほど、ステキなチームになっていっていたね。みんながみんなのことを支え、助け合っている姿をみて、共演者という以上に、共に汗を流した仲間になっているのが嬉しかったよ。

 

半年間お疲れ様!!
今回収録した「森のコンサート」は、ベントレー王子もメアもフェアリーズもリテイナーズもとってもとっても魅力的です。
是非皆のがんばりを放送にてお楽しみくださいませ。

 

 

「パニパニパイナ!」の放送は、 毎週日曜 朝7:00〜7:15チャンネル銀河(J:COM/スカパー!/全国のケーブルテレビなど)にて放送されます。

https://www.ch-ginga.jp/movie-detail/series.php?series_cd=19461

 

 

是非皆様、ご覧くださいませ♪

イメージ イメージ