敏感すぎる気持ち

6月に入り、関東も梅雨入りしました。

 

肌寒い日が続いたり、ムシムシした日があったりと体調管理はしっかりとしたい季節ですね。

 

そんなジメっとした空模様に影響されず、元気に過ごしましょう!

 

今日はあるタレントの方から借りた本をちょっと紹介したいと思います。
(実はまだ全部読み終えてないのですが・・)

 

【敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本】

 

題名だけ聞くとちょっと??と思わなくもないですが、
要は何事にも気にしすぎてしまうが故に上手く生活できない人へのバイブルとでもいいましょうか。

 

敏感すぎる気持ちって誰にでもあると思うのです。

 

例えば
1)人の気分や感情にすぐ左右される

2)自分はだめだと責めてしまう
3)大人数の集まりが苦手
4)人の気持ちを優先してしまい自分がない・・・

 

これを大丈夫!と言ってくれてるんです。
実践的な方法があるそうです。

セルフケアのコツは・・・
1)マイナス感情の強い人には近づかない。普段接する人はポジティブな感情の人で固める。
2)物事を「よい」「悪い」の2つで判断しないようにする。このままで大丈夫と言葉に出しまるごと認める。
3)目立たず、動かず、すみっこのほうに。気のおける人のそばにいる。
4)自分の本心を吐き出す。何をどうしてほしいかを明確に伝える。

 

ほんの一部ですが、読むと少し楽になります(笑)

 

皆さんも思い当たるものがあれば是非実践してみてはいかがでしょうか?
後は、テアトルアカデミーのレッスンに参加して自己開放ができればもっともっと楽しく過ごせると思います!

 

ちなみに【敏感すぎて生きづらい人のこころがラクになる方法】という本もあります。
また機会がありましたらご紹介しますね。

 

 

イメージ イメージ