もう涼しい、仙台の秋の夕暮れ

夏は「あっ!」っとゆーまに終わり、夕暮れには長袖着てないと肌寒くなってきた仙台より、
Y・Mがぬるっとお届け仙台校STAFFブログです。

 

 

スガキヤのラーメンで成長した細胞が、最近は仙台っ子ラーメンによって
作り変えられつつあるのを実感しています。

 

昨年の夏は、名古屋の自宅でエアコンかけまくって電気代が大変なことになっていたが、
今年は仙台で省エネできているな~

 

そんな仙台市内はイベントが盛り沢山で、七夕祭り以降は
毎週どこかで野外イベントをやっているような感じです

 

先週は「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」というイベントがあって、
事務所で窓を開けて仕事をしていると、生バンド演奏のジャズが聞こえてくるような状況でした。

 

・・・まぁ、ジャズだけじゃなく、なぜかロックや和太鼓の音色も聞こえてきたけどね

 

ジャスフェスには、仙台校の齋藤歩夢(さいとうあゆむ)君も参加していました~。
彼は作詞作曲をしてギターで弾き語りをする中学生です。
ライブをする際などは皆様応援をお願いいたします!

 

このイベントだけじゃなく、音楽系のイベントは多いんです。
週末に窓を開けると何かしらの音楽が聞こえてきて、BGMに困らないのが仙台の楽しさのひとつですね~

 

そんな、涼しい秋の夕暮れを熱く染め上げるのは、仙台校の講師もしてくださっている
箱崎貴司さん作・演出のA Ladybirad Theater Company『兵共が夢の跡~幕末刃風伝・蝉時雨の章~』を観劇してきました。
笑いあり、涙あり、殺陣あり、類プロの菊地陽哉くん出演ありの幕末エンターテイメント!
・・・残念ながらBLOGのUP日にはもう終わってしまっていますが、楽しかったです!ありがとうございました!

 

 

 

 

仙台の演劇界は北国だけど熱いですよ~

イメージ イメージ