いくらってハウマッチ?

テアトルアカデミーの料理番の仙台の[S]です!
今回は「食欲の秋」ということで宮城県の亘理町の郷土料理「はらこ飯」をご紹介します。

 

「はらこ飯」は炊き込みご飯の一種で、鮭を醤油やみりんなどで煮込んだ煮汁で炊き込んだご飯の上に、鮭の身とイクラ(はらこ)をのせる宮城県の亘理町の郷土料理です。

 

 

いくらを使った贅沢な料理ですが食欲の秋・・・一度は是非食べてみて下さい!
ちなみに「生すじこ」を買って筋をとればいくらになります。意外と簡単なので是非やってみてください!
さて、さっそく作り方です!

 

レシピは【こちら】

 

 

そして、完成ー!!

 

 

 

鮭を煮て、ご飯を炊いて盛り付けるだけ!
とっても簡単な料理ですがこれがめちゃくちゃ美味しいです!

 

 

料理番の[S]はこれだけでは終わりません!
このはらこ飯の「裏メニュー」を作りました…。

 

 

それがこちら!

 

 

 

一見何も変わってないように見えますが…実はこの鮭は一度燻製してグリルしているのです!
裏メニュー「秋鮭のスモークグリルのはらこ飯」です!
燻製の香りとグリルしたことで鮭の油が出てジューシーさが堪りません!

 

最近100円ショップなどでも簡易燻製器やスモークチップが売られているようです。
休日のちょっとした贅沢、趣味に料理、燻製はいかがでしょうか??

イメージ イメージ