休みなんてないさ

最近はめっきり肌寒くなりました。
ちょっとずつ年末っぽくなってきてるなぁと感じる新人発掘課のAです。

 

年末が近づくと、もうすぐ休みだと思って、やる気が少しずつなくなっていく人もいれば、

年末が特に忙しく、そんなこと考えてる余裕はない人もいると思います。

 

そんなあなたには、東京の癒しスポット「高尾山」がおすすめです。
最近は山ブームなどもあり、人は常にたくさんいますね。

 

 

 

 

 

しかし、芸の道に休みなんてないですね。

1年間365日考えて、感じて、生きていかなければなりません。

年末だろうが、夏休みだろうが関係ありません。
スポーツ選手も、オフの期間にどれだけ効率的にトレーニングできるかによって他の人と差をつけられるか考えてますしね。

 

そこで今日は、芸の道を突き進んでるあなたに(これから目指す人へも)
勝手な私感ですが、アイデアが思いつきやすい環境(状況)をランキング形式でお伝えしたいと思います。

 

 

第3位 海や山や森、自然の中

 

海や山や森、自然の中に身を置くと、色々とアイデアが浮かんできます。
それぞれの場所にある匂いや音はとても刺激を与えてくれますし、パワーももらっている感じもします。
究極的に決まりごとのない自由な自然の音楽は、あなたに最高のひらめきを与えてくれると思います。

 

 

第2位 トイレなどの個室空間

 

これは共感できる人も多いと思います。自分が集中できる環境、そして、個々で違うかもしれませんが、ちょうど良い広さの個室空間。そして全く音などなく静かであれば尚良いですね。
そこで考えるわけではなく、全くの「無」になってます。そうすると、アイデアが降ってくる瞬間があります。それは断片だったりするので、それを大きくする作業も、個室空間なので進みが早いです。

 

 

第1位 寝る前から眠る直前まで

 

これもある程度わかってくれる人はいると思います。
これは本当にアイデアが思いつく可能性は高い状況なんですが、寝てしまうと翌日忘れていることが多いので注意が必要です。
今はスマホがあるので、思いついたらすぐに録音などしてしまえば大丈夫ですね。
ベッドに横になって、目をつぶり、特に何かを考えようとしてるわけではなく、リラックスしてるだけなんですが、急にアイデアが降ってくることがあります。
しかも結構良いなと思うアイデアだったりもします。
しかし、さっきも言いましたが、忘れることが多いので、すぐに録音などで記録をしてくださいね。
思いついて、そこから広げようと思っていると寝てしまったということも多々あるので注意です。

 

 

皆さん、いかがでしたか、共感できましたか?
今、まさに芸の道を突き進んでるあなたに(これから目指す人へも)
少しでも参考になればと思います。

 

では、またいつかお会いできる時に。次は来年かな。

イメージ イメージ