「BIRTHDAY」

いよいよ年の瀬…!
師走とは言うけれど、正直なところ秋の記憶がほとんどありません。
「それだけタレントたちと一緒に日々駆け抜けているということかな」
と、いいように捉えておくことにします。

 

 

さて先週、実は「初物」尽くしのスーパーウィークでした。

 

舞台制作部として初のイベント企画を立ち上げ、
ずっと頑張ってきた子が2人、舞台初日を迎え(1人は初舞台!)、
竹内夢ちゃんが、素晴らしい経歴の方々と初ミュージカルライブに挑戦し、、

 

そんな中、今回は宮河慶信くん(20)をとりあげたいと思います。

宮河慶信プロフィール ⇒ https://www.theatre.co.jp/talent/6de623acf632a1d4f2bff29043767e18

 

 

私が彼と初めて出会ったのは2年前の春、
まだ札幌校に所属していたところ、
東京での演技ワークショップにわざわざ来てくれたときのことでした。

 

飛び抜けてカッコ良かったとか
すごく上手かった、というわけではないにも関わらず
彼の纏ったなんだか不思議でピュアな佇まいに何か感じるものがあり、
返り際に「舞台に興味はありませんか?」と声をかけたのが始まりでした。

 

それから1年、札幌で専門学校の課題制作で多忙な彼に声をかけ続け
(課題があるので無理ですと言われ続けました)

満を持して2019年春、ついに上京してくれたのでした。

 

 

とはいえ、、そんな簡単にお仕事が決まるわけではなく、
舞台のオーディションで玉砕すること数度。
映像作品にもチャレンジしてくれたけれど、
うーん。たぶんしっくり来てないんだろうなぁ、難しいなぁと
俯瞰していたところに舞い込んできたのが、
とある舞台の主役オーディションでした。

 

募集条件は非常にシンプルで、
なんともふわっとした要項だったにもかかわらず、
私が瞬間的に脳裏に浮かんだ人こそが、この宮河くん。
すぐにプロデューサーに電話をかけた私がいました。

 

 

なんですかね、第六感というか直感というか。

 

見事コンセプトにはまり、
なんとなんと3ケタの応募者数の中から、選んでいただきました。

 

 

主役に。

 

 

そうなんです、主役なんです。
しかも小劇場とはではなく、いきなりの全労災ホール/スペースゼロ!
演出は舞台でも映像でもご活躍の、信頼度抜群の平野良さん!!
そんな平野さんの「初演出」!!!

 

そしてそして、募集段階では他キャストの明記はなかったのですが、
蓋を開けてみたら2.5次元でご活躍のキャストさん勢揃い。
さらにオラキオさん。
ひたすら乗っかるのみ・こちらは全力で頑張るのみ。

 

 

しかし宮河は初主演どころか初舞台。

 

演技もほとんど経験なしの状況だったため、
本人以上にこちらのほうがキリキリしてしまった感は否めません。
まさしく「右も左もわからない」状態で顔合わせがあり、
舞台稽古が始まり、あっという間に小屋入り。。

 

公演期間自体は5日間と短めでしたが、
毎日昼夜公演の全力疾走。
毎回丁寧にダメ出しをいただき振り返りつつもまた次の公演、と
まさしく「駆け抜けた」日々だったかと思います。

 

 

そうして迎えた千秋楽は、本当に感無量でした。
カーテンコールで大号泣しながら平野さんやキャストの皆さんに
感謝の意を述べる彼の姿を客席後ろから見て、
私ももらい泣きしてしまいました。泣くと思ったけれど。やっぱり。

 

見えないプレッシャーや葛藤が稽古からずっとあって、
必死にもがいて、助けられて、
こんな言葉に纏めてしまうと陳腐だけれど、
言い表しがたい感謝に溢れた日々だったことは想像に難くありません。

 

それだけの想いで舞台にたてるのもとても幸せなこと。
本当に本当に素晴らしい機会をいただいたなと
私も千秋楽を終えてなおずっと感謝の念をかみしめております。

 

 

この舞台作品のタイトルは「BIRTHDAY」
まさしく彼が役者として一歩を踏み出すのにふさわしい、
非常に大きな意味のある作品でした。

 

そして奇しくもこの舞台初日が私の誕生日。
私もかけがえのないプレゼントをいただいたような気がしています。

 

 

 

宮河がこれから役者としてどう歩いていくのか、
それは私1人が決められることではありませんが、
せっかくレールに立たせてもらったこの機会を大切に、
少しゆっくりでも確実に歩いていければと思います。

 

「BIRTHDAY」を通して宮河を知ってくださった皆さんに、
これからも応援して頂けるよう精進してまいります。

 

この場をお借りして、
改めてご尽力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
本当に本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

***

 

舞台「BIRTHDAY」
http://www.39amipro.com/birthday/
原案・演出:平野良/脚本:西垣匡基

 

こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ提携公演
2019年11月27日(水) ~12月1日(日)

 

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/01/news027.html
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1911/30/news034.html
https://natalie.mu/stage/news/357360
https://sumabo.jp/99654
https://enterstage.jp/news/2019/09/013015.html
https://natalie.mu/stage/news/347961

ほか多数取り上げていただきました。ありがとうございました!

イメージ イメージ