にねんめのK:2020年、あけましておめでとうございます!

高校生の頃は授業の合間ごとにパンをひとつずつ食べるほど食欲が旺盛で、
そこそこ親しい友人にさえそういうボケだと思われていた時期があった方のKです。

 

ただ大学で家庭科を専門的に学んだこともあって 今では食事計画に造詣が深く、

腹八分を意識した栄養バランスの良い食事をとっては深夜に空腹感で目覚めて冷蔵庫を覗いたりしています。

22時を過ぎたら扉が開かない仕様にするよりほかない。

 

 

私一人が多少食べ過ぎたところで世の中のバランスが崩れたりはしないので気負わず生きていきたいですね。

行事に乗じてたくさん食べようとするので、毎年クリスマスにはカーネルサンダースと血が繋がりかけます。

 

 

さて今回は、そんな年末の出来事についてご報告がしたく!

 

 

 

\ふたつあるよ/

 

 

 

 

九州最大級の演劇専用劇場 博多座にて、

CONDORS×博多座 2nd STAGE『WE ARE THE CHAMPIONS!』が上演されました。

 

 

 

本番は12/19(木)・12/20(金)の2日間。

昨年夏の『FLY AGAIN』に続き、かなり熱い舞台になりました!

 

テアトルアカデミー福岡校からは、小学生~エイジレスまで36名が

近藤良平さん(K、この方大好きなんです)率いるコンドルズの皆さんのご指導のもと

約5ヶ月間、稽古に励んできました。

 

初日に観覧させていただいたKは、一曲目のダンスが始まる前に目頭が熱くなりました。

そしてイントロが聴こえた途端に泣いた。

 

 

出演者の皆さん、お疲れ様でした。

今年の公演の初回稽古が行われたのは、真夏の体育館でした。

皆さんの気合もあいまって、まあ熱気のすごいこと!

お付き添いの保護者の方や踊ってないはずのKですら汗が止まらないほどの酷暑の中、

教えてもらったばかりのダンスを繰り返し練習する皆さんの姿に

心を打たれたことを思い出します。やっててよかったマネージャー。

そういえば私はこの時点で少し泣いていた。

 

頭も身体もフル回転で走り抜けた5ヶ月間でしたね。

本当にお疲れ様でした!

 

 

 

 

そして!不思議な血縁関係とともに(私とカーネルおじさんが)迎えたクリスマスイブ。

「テアトルアカデミー福岡校 成果発表会 ~テアフェス&テア劇~」を開催しました!

 

こちらのイベントは、予選を勝ち抜いた出演者11名9組によるライブパフォーマンスと

舞台公演クラスによるお芝居の二部構成で行いました。

 

 

●第一部 ライブパフォーマンス●

 

懐かしのあの曲から令和の曲まで!

予選通過後も練習を重ね、さらに洗練されたパフォーマンスを披露してくださいました。

 

観客の皆さまからの投票の結果、最優秀賞は「Happy Girls」に決定!

 

 

 

実は、コンドルズ×博多座『WE ARE THE CHAMPIONS!』で踊ったダンサーたちが

客席からゲスト出演していたり。

 

振付の使用を許可してくださったスズキ拓朗さん、ありがとうございます!

 

 

 

出演者それぞれのカラーがしっかりと見える、楽しい舞台になりました。

 

 

 

 

●第二部 舞台公演クラス『平和はほほえみから ~Peace begins with a smile~』●

 

 

舞台公演クラス受講者の皆さんと、講師の知念先生。

そして照明・音響スタッフも一緒に写りこませていただきました。

 

 

今回の作品は「戦争と平和」をテーマに掲げ、半年間の稽古を経て上演しました。

先生の熱いご指導と、それに応えようと一生懸命稽古に取り組んでいた受講者の皆さん。

観にきてくださった方の心にも深く響いたのではないかと思います。

 

Kも照明スタッフとして少しだけ稽古を見学させていただいたのですが、

ラスト一週間でのつくり込みは本当にすごかったです。

 

 

 

※帰りの電車の時間の都合などで集合写真に写れなかった出演者の方、ごめんなさい。

 

 

 

今後もこういったイベントを通して、福岡校をもっともっと盛り上げていけるといいなあと感じました。

職員、講師の先生方、そして生徒の皆さん、一丸となって

2020年も頑張っていきましょう~!

イメージ イメージ