「ウホッ! ウホウホ、ウホ〜〜💖」 

いや、ふざけてるわけじゃないんですよ。

真剣に【ゴリラ人狼】やったらみんなこうなるんですよ。

やってみてくださいよ!!

 

 

−−というわけで【ゴリラ人狼】遊んでみました!

演技力や思考力、コミュニケーション力の強化を目的(建前)として

福岡校でもちょくちょくWSを行っている【人狼ゲーム】ですが、

ゲーム中のコミュニケーションに縛りを設けたのが【ゴリラ人狼】です。

 

本来なら「推理力」「観察力」「説得力」を駆使して遊ぶ【人狼ゲーム】ですが、

★「ウホッ」しか言えない(「ウホホ」とか「ウホ〜〜」とかのアレンジはOKにしてます)

★うなずく、首を振る、指さす、ドラミング(胸をたたく)以外のジェスチャーができない

というルールで遊びます。(注:もうちょっと追加ルールがありますが)

ホントに成立するのか不安しかないゲームです。

 

が、遊んでみるとこれが別次元のコミュニケーション力を要求します。

語調や表情、そして「ウホッ」のタイミング、ドラミングのテンポ、

自分の潔白(たまに嘘!)を訴えるためにはどう動けばいいのか!?

コミュニケーションの原初に帰れ!新感覚の戦いが繰り広げられる!

 

……勢いよく書いてみたけどゲーム中は9割がた爆笑です!!!

ウホウホ!〔おまえ密猟者(人狼)ダロ〕

ウッホー!〔ちがうよアイツダヨ!〕

ウオオホー〔バナナタベタイ〕

ドンドンドン ←ドラミング

 

控えめに言ってカオス!

しかし驚くべきはゲームとしての面白さは損なわれてないところ。

むしろ「ガチ」でやる人狼よりも情報が限られているので、

シンプルに推理(正確に!ではないけども)ができたり、

縛りがある中での効果的なコミュニケーションを模索したりと、

そこには格別の楽しさがあります。

 

Oとしては、新しいコミュニケーションゲームとして福岡校のWSに加えたいと思います。

ぜひいっしょに遊びましょう(本音)!

 

さぁさぁ、はじらいは捨てるのです……。

 

ウホ〜

 

 

【ゴリラ人狼】ようやくゲットできました!

welcome to ようこそ サファリパーク

イメージ イメージ