きょんきょんの日々是精進之記「人間四十歳を過ぎると」

人間、四十歳を過ぎると
毎日が老化との戦いである。
運動不足のためか、
先日初めて、ギックリ腰をいうものを経験した。
西洋では「魔女の一撃」と呼ばれ
それはもう、恐ろしいものであった。
折れ曲がったストローのように
立っていることも覚束なく、
いったん椅子に座ろうものなら
今度は立ち上がることができない。
立ち上がるためにはまず、体を丸ごと床に投げ出し、
ゴロゴロとローリングしながら壁に近づき、
腕の力だけでもって上体を引き上げる。
ボルダリングの要領である。
普段からの運動がいかに大切か、思い知らされた。

 

さて、テアトルアカデミーには
「リズム&ストレッチ」「ヨガ」「演技と身体の繋ぎ方」
といった魅力的なレッスンがある。
許されるのであればいつか、私も受講してみたい。
転ばぬ先の杖。
魔女だけに。

イメージ イメージ