目に緑、心に愛を


瀟洒な庭と建物。

江戸時代、武士たちの学びの場であったそうです。

お部屋のなかで抹茶とお菓子をいただくことができます。

こちらの肥後細川庭園、東京本館から徒歩30分ほどのところに

あります。30分の徒歩というご意見は別として、散歩するには

本館周辺はとても素敵です。神田川沿いの道は緑も多く、江戸時代には武家屋敷が

多くあったようで面影を感じることができます。

役者はいつの時代のどんな場所で生きていた人を演じるかはわかりません。

いろいろな場所の空気に触れ、想像をめぐらすことも大切かもしれません。

目にたくさんの緑を与えた私の心にゆとりという愛が生まれたかいなかは

私にもわかりません。でもきっとほんの少し心が豊かになった気持ちになる

それが散歩の効果なのかもしれません。

イメージ イメージ