時の流れは止められずとも流れに身を任せてはいけない

皆さん、写真撮ってますか?
フォト太郎です。

 

令和もいよいよ四年目、現代は情報化社会の真っ只中(※1)。
世の中のスピードに縛られ、疲れてしまう事も時にはあるのでは?

 

そんな時、わたしは歩きます。
「リニアモーターカーの実現も近いのに、今更歩く?」

 

そんなふうに笑う人もいるかもしれません。(※2)
でも、笑いたい人には笑わせておけばいいのです。
では、逆に問います。

 

新幹線に乗って、美しき日本の景色を堪能することが出来ますか?

 

答えは、否!(※3)

 

「あ、富士山やん。写真撮ろ。カメラカメラ…、あ〜!通り過ぎてしもうたやんΣ(゚д゚lll)」
なんて経験、ございませんか?
そう、世の中早ければいいとは限らんのです(※4)。

 

今回は、『歩くのもいいもんだぜ?』を実践したものをご紹介しましょう!


大阪市中央公会堂
photo by phototaro

 


カニ道楽(道頓堀)
photo by phototaro

 


通天閣
photo by phototaro

 


ケンシロウ
photo by phototaro

 

 

梅田から通天閣まで歩いて行けば1時間半くらいかかりますよ。
電車ピュ〜って乗って、ちょっと歩けばそりゃ30分弱で行けますよ。

 

でもそれで中央公会堂を見れますか?(※5)道頓堀のカニ見れますか?(※6)ケンシロウ見れますか?(※7)
そう、わたしは1時間半という時間を費やしたことにより、この数々の素晴らしい景色と出会えたのです!

 

この世界で唯一平等なもの。
それは『1日は24時間である』ということ。

 

我等に与えられしこの時間、どう過ごすかはあなた次第です笑(※8)

 

 

 

 

(※1)…まあ、今に始まったことではないけど。
(※2)…被害妄想もしくは自意識過剰
(※3)…感想は個人的なものです
(※4)…感想は個人的なものです
(※5)…いや、別に見なくていいけど
(※6)…これも見なくても大丈夫だけど
(※7)…これに限っては悪ふざけ
(※8)…ちなみに今の若い方は「(笑)」ではなく「笑」を使うとか使わないとか(諸説あり)

イメージ イメージ