社員インタビュー │ 採用情報 │ テアトルアカデミー

アットプロダクション
営業3課 田中 ひとみ 2014年度入社(中途)

航空業界、テーマパーク、 二度の転職を経てエンタメ業界に。

志望動機

外国語の専門学校を卒業後、まずは航空業界に就職しました。世界中のお客さまを接客する日々の中、「接客の頂点をめざしたい!」「もっと接客を極めたい!」という願望がめばえ、テーマパークへ転職。これまで私が見てきたテーマパークは表のキラキラした華やかな部分だけでしたが、舞台裏ではたくさんのスタッフが知恵を絞り、感動を与えるために試行錯誤している姿を目の当たりにしました。ここでの経験から、ワクワクを世の中に届ける最高峰=エンタメ業界に飛び込んでみようと決心し、テアトルアカデミーに応募しました。

業務内容

現在は、アットプロダクションでマネージャーをしています。メインの担当は脇知弘ですが、ほかにも数名のマネージャーとともに複数のタレントを担当しています。マネージャーの業務は、タレントの営業をはじめ、現場のフォローやスケジュール管理が中心です。現場への同行とデスクワークが半々といった感じですね。

やりがい

この仕事の魅力は、人との出会いです。「人」を扱う仕事のため、日頃から密にコミュニケーションを取り、タレントの気持ちを考えながら親身にサポートしていくことが大切です。現在担当している脇知弘は、私が小学生の頃から大好きだったドラマ「ごくせん」シリーズに出演していたので、担当になったときは嬉しかったですね!それと同時に、一人の俳優の人生を預かるという責任の大きさも感じました。担当するタレントが世間に認められ、活躍する姿が見られるのは、自分のこと以上に嬉しいです。タレントと二人三脚で成長していくことができる点が、マネージャーの醍醐味だと思います。

社内の雰囲気

「育児と両立ができるか?」という不安はありますよね。私はまだ子どもはいないのですが、どの部署にも女性スタッフが在籍しており、育児と仕事をバリバリこなすママさんもたくさんいるので、安心して仕事ができる職場だと思います。また始業から終業まで、スタッフ同士やタレントとのコミュニケーションが絶えず、アットホームな環境も魅力の1つ。私がいるフロアは流行に敏感なマネージャーが多いので、何気ない会話から最新の情報をキャッチして脳内の若さを保っています(笑)。

私は二度の転職を経験しました。エンタメ業界でのキャリアがなかったため不安もありましたが、今ではここで出会った先輩、仲間、タレントたちと充実した日々を過ごしています。
皆さんと一緒に楽しく仕事ができる日を楽しみにしています。