キッズ │ コース │ テアトルアカデミー

KIDS

2.6歳頃〜年中

たくさんの「できた!」から未来が広がる。

キッズ部門では、お子さまの自主性を尊重し、それぞれの感性や発想を大切に見守りながらレッスンを行っています。
自分の心で感じたことを身体と言葉を通して伝える「表現力」や、ものごとに取り組むための「集中力」が養われます。
たくさんの「できた!」という経験で得られる達成感は自信につながり、自ら考えて行動する「積極性」が身につきます。

CONCEPTコンセプト

  • 自分の考えを伝える「表現力」
  • ものごとに取り組むための「集中力」
  • 自ら考えて行動する「積極性」

LESSONレッスン

演技
同年代の子どもたちや大人とのコミュニケーションを通して、相手の気持ちに寄り添ったり、人の気持ちを感じ取ったりすることのできる豊かな感受性を養います。子どもたちを取り巻く環境を大切にしながら、一人ひとりの自己表現能力を伸ばす指導を行っていきます。
ダンス
音楽に合わせて身体を動かすことでリズム感やバランス感覚を身につけながら、表現することの楽しさを味わっていきます。先生の動きを真似ていく中で、「見る力」や「聞く力」も鍛えられていきます。

入所費・月謝

VOICE所属者の声

西澤 俊太保護者:愛さん(2018年度入所)

もともと活発なタイプではありましたが、テアトルアカデミーでの活動を通して、自分を表現する力がどんどんついてきているなと感じます。家でもレッスンで練習したダンスを、見て見て!と教えてくれるようになりました。レッスンにはさまざまな要素が含まれていて、親子で貴重な経験ができています。先生方は気さくで話しやすい方が多く、細かいところをよく見て褒めてくださるのが印象的です。マネージャーやスタッフの方も、相談事があるととても親身に対応してくださり、安心してお仕事に臨める環境が整っていると感じています。

泉谷 星奈 保護者:祐紀さん(2017年度入所)

人見知りのない、人前でも明るい子になって欲しいと思い入所しました。もともと喜怒哀楽の変顔をするのが好きな子でしたが、泣く・怒るなどの「感情を出す」お芝居をしたり、感情や状況を身体やセリフで表現したりするのが特に楽しいようです。講師の先生は「お芝居は嘘だよ、本当のことじゃないよ」ということをしっかり説明してくださるので、泣くお芝居や喧嘩のお芝居の後も、気持ちの切り替えがきちんとできています。レッスンの中で「星奈が1番台本の感情を理解してるように見えたよ」と言っていただけたのが嬉しかったようで、最近では、絵本を読むときに「この登場人物はこんな気持ちなの!」と講師の先生の真似をして説明してくれるようになりました。